インプラントの欠点

当院ではインプラントのデメリットまでご説明しています

当院ではインプラントのデメリットまでご説明しています

兵庫県神戸市・三田市の歯医者「医療法人井殿歯科医院」では、インプラントの魅力や長所 をお伝えする際に、欠点やデメリットについてもしっかりお伝えしています。インプラントはメリットの多い画期的な治療法ではありますが、万能な治療法というわけではなく、ケースバイケースで、入れ歯やブリッジの方が最善の選択となることもあるからです。

当院では「患者様に納得して治療を受けていただけること」を第一に考え、患者様に合わせて最適な治療法をご提案しています。インプラント治療をご希望でしたら、まずは当院へご相談ください。

知っておいてほしいインプラント治療のデメリット

治療完了まで時間がかかる 外科手術が必要になる
顎の骨と人工歯根の結合を待つ期間が必要なインプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べて治療期間が長くなります。治療完了まで、早くても3ヶ月ほど、長くなると半年から1年かかるケースもあります。 インプラント治療では、歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開ける外科手術を行います。外科手術は身体に大きな負担がかかるもの。当院では、プライバシーと衛生管理の観点から、オペ専用の個室診療室をご用意しています。
治療が受けられないケースがある 治療費が高額になる(自費診療)
外科手術が行われるため、全身に重篤な疾患がある場合は治療自体が選択できないケースもあります。心臓病・肝疾患・腎疾患・高血圧・糖尿病をお持ちの方は、主治医との相談のうえ、インプラント治療が行えるかどうかを決定します。 インプラント治療は先進医療であり、健康保険は適用されません。自費診療となるので、治療費はどうしても高額となってしまいます。ただし、年間の支払い医療費の額が10万円を超えることになるので医療費控除を受けられます。
歯の感覚が乏しくなる 適切なメインテナンスが欠かせない
咬み心地にすぐれたインプラントですが、天然歯にある「歯根膜(しこんまく)」は失われてしまいます。歯と顎の骨との間でクッションの役目を果たす歯根膜がないので、強く咬みすぎたり、異常があったりしても気づきにくくなるので注意が必要です。 インプラント治療はメインテナンスも合わせてひとつの治療として考えましょう。インプラント特有の歯周病にも似た「インプラント周囲炎」になると、せっかくのインプラントが脱落してしまう可能性もあるからです。術後のメインテナンスを継続して行うことで、インプラント周囲炎は防ぐことができます。
他の治療と併用できない場合がある  
インプラントは1本で独立するので他の歯に負担をかけませんが、横からの力に弱いという傾向があるため、治療後に隣の歯を失った場合、インプラントを支えとする部分入れ歯やブリッジを使うことができないことがあります。その場合は、隣の歯もインプラントとなります。  

【トラブル発生リスクを、できるだけゼロに】

【トラブル発生リスクを、できるだけゼロに】

インプラント治療は、完璧でも万能でもありません。ただし、審美的・機能的に非常に大きなメリットを得られる治療であることは事実です。兵庫県神戸市・三田市の「医療法人井殿歯科医院」では、丁寧なご説明ときめ細やかなケアを通して、患者様の不安を解消しながら「納得の治療」を進めていきます。

また、診療にあたっては、各種最新設備の導入や治療技術の向上を図り、トラブル発生リスクをゼロに近づける努力もしています。完璧ではない治療法に安全・安心を加え、患者様によりよい結果をご提供することが私たちの使命です。インプラント治療に関することなら、いつでもお気軽にご相談ください。

当院ではインプラント治療のメリット・デメリットもしっかりご説明しています「医療法人 井殿歯科医院」フリーダイヤル 0120-62-0418上記番号がつながらない場合はこちら 079-562-0418