インプラントのトラブルについて

気になるインプラント治療のトラブル・失敗

気になるインプラント治療のトラブル・失敗

インプラント治療に関心がある方なら、治療のトラブルや失敗のリスクについてニュースなどで見聞きされたことがあるかもしれません。インプラントには数多くのメリットがあるため選ばれる方が増えていますが、治療を安易に行う歯科医院も増えているようです。そのため治療に失敗し、せっかくのインプラントが脱落してしまうといったトラブルも増えています。

兵庫県神戸市・三田市の歯医者「医療法人井殿歯科医院」では、安全・安心で精密なインプラント治療の実現に取り組み、トラブルが起こらないための対策をしっかり行っています。とはいえ、このようなトラブル・失敗が決して起こらないという保証はどこにもありません。当院では考えられるトラブルやその原因、回避するための方法についても、事前に包み隠さずご説明しています。

メインテンス不足による失敗

メインテンス不足による失敗

インプラントが脱落してしまうトラブルでとくに多いのが、メインテナンス不足によるインプラント周囲炎の発症です。インプラントは「治療して終わり」ではなく、「治療してから」が本当の付き合いの始まり。当院では治療後の継続的な定期検診受診をお願いし、しっかり受診されている方には永久保証をお約束していますが、それほどメインテナンスはインプラントを維持するために重要なのです。また、当院ではメインテナンス専用ルームを設け、専任のスタッフがメインテナンスを行います。

メインテンス不足による失敗

メインテナンスは数ヶ月に一度、歯の清掃状態の確認を行い、歯科医院でしか行えない専門的なクリーニングを受けていただきます。どんな豪邸を建てても柱の傷みや雨漏りなどを放置してしまうと長持ちしないのと同じように、インプラントも長きにわたって使い続けるには毎日のセルフケアと定期的なプロケアが不可欠なのです。

痛みや腫れがなかなか治まらないならすぐに相談を

治療で歯ぐきの切開や顎の骨への埋入をした直後は、どうしても腫れや違和感が残ってしまうもの。しかしそれらが数週間以上経過しても治まらないなら、術中もしくは術後に何らかのトラブルがあったと考えられます。早急に歯科医院を受診し、原因を突き止める必要があります。

構造上の問題を見極められなかったための失敗

インプラントトラブルのひとつに、「オーバーロード(荷重負荷)」があります。これは一箇所のインプラントに集中的に力が加わったり、無理な負荷が生じたりしてインプラント体が脱落してしまうトラブルです。また、インプラントと顎の骨、インプラントと連結部、人工歯との結合のいずれかが悪いときにもオーバーロードを招く可能性があります。

構造上の問題を見極められなかったための失敗

このような問題は、あらかじめスタディーモデルによる考察や厳密なシミュレーションを行うことによって回避できます。口腔内が基本的に抱えていた構造上の問題をしっかり把握しないまま安易にインプラント治療を行うことで、負荷が分散されず、オーバーロードとなってしまうのです。食事で片側ばかり咬んだり、歯ぎしりや食いしばりのクセがあったりすると脱落につながりやすいのです。そういった問題も見越して、インプラントへの負荷を軽減するような工夫が必要です。

安定するまでは強く咬まないように気をつけて

インプラント埋入後はすぐ、普通に食事をとることが可能です。しかし、インプラントが顎の骨としっかり結合していないうちは、できるだけ強く咬まないようにしましょう。「しっかり咬める」ことがインプラント最大のメリットですが、それはインプラントが顎骨としっかり結合したあとの事です。

被せ物の形態不良による失敗(審美障害)

被せ物の形態不良による失敗(審美障害)

インプラント治療の最後には、セラミックなどでつくられた人工歯を装着します。しかし、人工歯の形状に問題があると、咬み合わせに異常をきたしてしまうことがあります。咬み合わせの乱れは強い咬み締めなどにつながり、オーバーロードを引き起こす原因にもなってしまうので、わずかな形態不良でも無視することはできません。

また、審美面での自然な仕上がりには、健康面での良好な条件が不可欠です。特に歯肉の状態には注意が必要。審美性が損なわれてしまった場合の回復には、かなり時間がかかってしまうことを覚えておきましょう。最悪のケースだと、インプラントを除去するしかないということも。こういった点からも、事前にお口の傾向をしっかりと把握して治療を行う必要があります。

被せ物が外れることはトラブルではなく、危険信号です

万が一被せ物(人工歯)だけが取れてしまった場合、それはインプラントのトラブルではなく、咬み合わせの問題であることがほとんどです。咬み合わせが悪いまま人工歯とインプラントが強固に取り付けられていると、インプラントの脱落だけでなく、顎の骨の破折などのさらに悪い事態を招いてしまうことがあります。もし咬み合わせに違和感があるなら、被せ物が外れてしまう前に歯科医院へ相談しましょう。

【最善の選択をお手伝いします】

【最善の選択をお手伝いします】

メインテナンスなどで良好に保てる条件を満たしていれば半永久的に使い続けられるインプラントですが、このようにさまざまなトラブルを引き起こす可能性もあります。インプラント治療は万能ではなく、トラブルや失敗のリスクも抱えている治療法なのです。それをしっかりご理解いただいた上で、患者様にとって最善の選択をしていただきたいと考えています。

兵庫県神戸市・三田市の歯医者「医療法人井殿歯科医院」では、技術研鑽や最新設備の導入によってこのようなトラブルを事前に察知し、リスクをできるだけゼロに近づける治療を行っています。審美的・機能的にもメリットが多いインプラント治療ですが、さらに安心・安全を付け加えることが私たちの使命だと考えています。インプラント治療をご希望なら、まずは当院へお気軽にご相談ください。根本的にインプラント治療が適しているかという診断から、患者様をしっかりサポートいたします。

安全・安心への取り組みを続ける当院へのご相談はこちら 「医療法人 井殿歯科医院」 フリーダイヤル 0120-62-0418 上記番号がつながらない場合はこちら 079-562-0418

トップへ戻る