インプラント治療をご検討の方へ

まずは、インプラント治療についての理解を深めましょう

まずは、インプラント治療についての理解を深めましょう

インプラント治療は、失った歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療のひとつです。「入れ歯」や「ブリッジ」といった以前からある治療法では得られなかったメリットが得られることから、近年は治療を希望される方が増えてきています。インプラント治療という選択肢をお考えの方は、ぜひインプラントについての正しい理解を深め、ご納得いただいたうえでお選びください。

「医療法人井殿歯科医院」は、三田市・神戸市・西宮市・宝塚市・三木市・篠山市などの患者様にインプラント治療をご提供している歯医者です。インプラント治療に関するご質問にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

また、個々のお口の中によって違いますので、詳しくは検査後にお話しさせていただきます。

インプラントとは……?

インプラントとは……?

歯科分野でいうインプラントは、人工歯根のことを指します。歯を失った顎の骨に、骨との結合力が高いチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入し、その上にセラミックなどの人工歯を装着することで、天然歯のような自然な見た目と咬み心地を取り戻すことができるのです。

インプラントと入れ歯・ブリッジの違い
  • インプラント
    インプラント
  • ブリッジ
    ブリッジ
  • 入れ歯
    入れ歯

インプラント・入れ歯・ブリッジといった補綴治療で用いる技工物は、いずれも人工歯を口腔内に装着して使います。しかし、入れ歯とブリッジが歯を失った場所に「はめる」「被せる」だけの処置であるのに対し、インプラントは顎の骨に直接人工歯根を埋め込みます。文字通り、天然歯の歯根にとって変わる存在なのです。入れ歯やブリッジとの大きな違いは、咬む力の回復。人工歯根を通じて咬む刺激が顎の骨に直接伝わることから、顎の骨が痩せやすくなるという心配もありません。

最近の入れ歯やブリッジは見た目も向上していますが、インプラントのように天然歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりにはならないというのが実情です。また、インプラントは1本からの治療が可能であるため、入れ歯(部分入れ歯)やブリッジのように周囲の歯への負担が少なく、さらなる歯の喪失につながるリスクが少ないのもメリットのひとつです。

「万能な治療」ではありません

「万能な治療」ではありません

インプラント治療は多くのメリットを得られるすぐれた治療ですが、デメリットのない万能な治療ではありません。長所も短所もあるというのは、入れ歯にもブリッジにも共通していえること。患者様一人ひとりの口腔内環境や口腔内の構造、あるいは治療に対するご要望によってどの治療が最適かは異なりますので、正確な検査・診断によって納得できる治療法を選ぶことが大切です。当院ではインプラントの欠点についても隠さずにご説明しますので、何でも遠慮なくおたずねください。

当院のインプラント治療の特徴

兵庫の歯医者「医療法人井殿歯科医院」が行っているインプラント治療では、これまでに培った経験から、最新のインプラント治療技術をご提供しています。光機能化インプラントの採用やシムプラントといった最新設備を駆使しているのも、当院の特徴のひとつです。

術前の診査

術前の診査

当院では、インプラント治療の前に、咬み合わせ、顎関節症、歯周病の3つの診査を行います。また、その他にも患者様のご要望などしっかりとカウンセリングをさせていただきます。口腔内だけでなく、全身のことを考慮した治療計画を立てさせていただきます。場合によっては、そのために内科にいっていただくこともございます。

光機能化インプラント

光機能化インプラント

インプラント手術を成功させるための重要なカギとなるのが、生きた顎の骨と生きていない金属のインプラントをいかに強固に結合させるか、ということです。現在、世界のインプラントメーカーはこぞってこの性能を向上させる製品開発を行っています。

「光機能化インプラント」は、特定の光線を一定時間インプラント表面に照射し、骨との結合面を親水性の高い状態に変化させたものです。水分を弾きやすかったインプラント体の表面の親水性を高めることで、血液に対する親和性が著しく向上。結果、従来の製品よりも早く骨と強固に結合し、失敗(脱落)のリスクを限りなく低減できるようになりました。

低被曝コンシームドCT・シムプラント

低被曝コンシームドCT・シムプラント

インプラント治療に欠かせないのが、事前の精密な検査とシミュレーション。当院では、「低被曝コンシームドCT」によるデータ取得から、コンピュータ上で三次元画像を用いてインプラントの埋入をシミュレーションできるソフト「シムプラント」を採用しています。世界ナンバー1のシェアという確かな評価を得たこのソフトなら、従来の平面画像では確認できなかった骨量や周囲の歯根の位置、神経・血管の形状まで詳細に把握できます。

サージカルガイド

サージカルガイド

インプラントの埋入時にはドリルで顎の骨に穴を開けますが、この穴の深さ・角度などを正しく導く医療器具が「サージカルガイド」です。術前のスタディーモデルより欠損部にどのようにして歯を作るべきかを予想し、その歯を作るためにはどの位置に埋入すべきかを予想するガイドです。サージカルガイドを用いることで術者の手ブレによるドリリングのミスも防ぐことが可能になり、安全・正確なインプラント治療の実現につながります。

【骨が足りずインプラントができないと言われた方へ】

インプラント治療では骨と人工歯根との結合が重要であるため、骨量が少ない(骨の厚みが足りない)といった場合は治療が行えないことがあります。しかしこうした問題は、骨量を増やす処置を行うことで治療が可能になるケースもあります。当院では、次の5つの手法を用いて、最大6ヶ月程度でインプラント治療ができる状態までもっていくことができます。他院で治療困難と言われた場合でも諦めず、まずは当院へご相談ください。

GBR(骨再生誘導法)
歯肉を切開して骨を増やしたい場所に骨再生を促す膜を設置し、歯肉を縫合します。
GBR(骨再生誘導法) GBR(骨再生誘導法) GBR(骨再生誘導法)
約4~6ヶ月後
サイナスリフト
上顎の骨量が少ないケースで行う処置です。上顎の上にある空洞(上顎洞)の底を押し上げ、横から骨補填材を注入します。骨の高さが3mm以下の場合に行います。
サイナスリフト サイナスリフト サイナスリフト
ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上顎洞を押し上げて骨量を増大させる方法です。歯ぐきの下から上顎洞底部を持ち上げて骨補填材を注入する点が、サイナスリフトとは異なります。
ソケットリフト ソケットリフト ソケットリフト
スプリットクレスト
骨幅が狭いケースで行う処置です。人工歯根を埋め込む顎の骨にくさび形の溝を作り、少しずつ溝の幅を広げることで必要な幅を形成。インプラント埋入後にも骨造成材を使用して、骨量の確保を行います。
スプリットクレスト スプリットクレスト スプリットクレスト

インプラントについてもっとくわしく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください 「医療法人 井殿歯科医院」 フリーダイヤル 0120-62-0418 上記番号がつながらない場合はこちら 079-562-0418

トップへ戻る