治療後のメンテナンス

maintenance適切なメンテナンスでインプラントを長持ちさせましょう

「インプラント=長く使える」と思われている方は多いことでしょう。それは間違いではありません。しかしこれには、「適切なメンテナンスを継続すれば」という条件がつきます。インプラントは、一度埋め込んだらそれで終わりではないのです。

神戸市・三田市の歯医者「井殿歯科医院」では、インプラントを埋め込んでからが大切だと考え、メンテナンス体制を整えています。メンテナンスを継続して受けていただいた患者さんには、「インプラント保証」もご用意し、できるだけ長く使い続けていただけるよう長期的にサポートしていきます。

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎とは、言わば「インプラントの歯周病」であり、細菌感染症です。インプラントも、その上の被せ物も人工物であり、虫歯になることはありません。しかしそれを支える顎の骨や歯ぐきは自然のままであり、メンテナンスを怠るとお口の中に棲みつく歯周病菌が原因となって「インプラント周囲炎」を招いてしまいます。

歯周病と同じく気づかないうちに進行し、定期的にインプラント付近に出血・膿が出てくる状態が危険で悪化すればインプラントは抜け落ちてしまいます。これを防ぐには、ご自宅で行う適切なブラッシングなどのセルフケアと、定期検診でのプロケアを継続することが必要です。

また、もしインプラント周囲炎と診断された場合も、きちんと治療すれば改善が見込めます。インプラントを長持ちさせるには、定期検診に通う習慣をつくることが大切だといえるでしょう。

インプラント周囲炎の進行段階と必要な処置

※表は左右にスクロールして確認することができます

進行段階 状態 処置
【軽度】
【軽度】
インプラントの周り歯垢(プラーク)がたまり、歯肉が炎症(赤くなり腫れている状態)を起こしています。やや腫れや出血(歯ブラシに血がつく)が見られます。 抗生剤を使用したり、専門的なクリーニングを行い、歯垢を残らず取り除き滅菌します。
【中等度】
【中等度】
インプラントと歯ぐきの間の「歯周ポケット」が深くなり、出血や口臭などの症状も増します。さらに押すと膿も出始めます。 専門的なクリーニングと飲み薬を使って治療し、滅菌します。症状によっては、外科処置をすることもあります。
【重度】
【重度】
インプラントを支える顎の骨が溶かされ、グラついています。最悪の場合には脱落することもあります。 抗生剤を使用したり、外科処置で歯石や感染組織を除去したりします。顎の骨が大きく溶かされてしまった場合には、骨造成術を行います。最悪の場合、インプラントを除去します。

当院のメンテナンス

インプラント周囲炎を予防するには、歯周病予防と同じくお口の中から歯周病菌を減らすことが必要です。そこでメンテナンスとしては、歯周病菌の棲みかとなる歯垢や、それが石灰化した歯石の除去を行っていきます。なお歯石にはさらなる歯垢を引き寄せるリスクもあるため、より注意が必要です。

PMTC

PMTC

インプラント周囲炎予防の基本は、歯周病予防と同じく毎日の適切なブラッシングです。いくら定期検診でプロケアを受けていても、ブラッシングができていなければインプラント周囲炎は防げません。そこで当院ではふだん使われている歯ブラシをご持参いただき、一人ひとりの患者さんに合ったブラッシング指導を行っています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

インプラント周囲炎予防の基本は、歯周病予防と同じく毎日の適切なブラッシングです。いくら定期検診でプロケアを受けていても、ブラッシングができていなければインプラント周囲炎は防げません。そこで当院ではふだん使われている歯ブラシをご持参いただき、一人ひとりの患者さんに合ったブラッシング指導を行っています。

エアーフローマスターによるバイオフィルムの除去

エアーフローマスターによるバイオフィルムの除去

エアフロ―マスター(EMS社)とは、歯にこびりつくバイオフィルム(細菌の塊)や歯石を除去する機器です。歯周ポケットの深い部分までの除去が可能であり、インプラントの周りの溝もきれいにできます。

「予防」は、当院の歯科衛生士にお任せください

~「予防」は、当院の歯科衛生士にお任せください~

インプラント周囲炎は、歯周病と同じく予防が可能な病気です。当院では治療スペースから独立させた「予防室」を完備し、予防のプロである歯科衛生士が一人ひとりに適切なケアをご提供します。

なお「担当衛生士制」を導入し、毎回同じ衛生士が対応。治療歴やお口の傾向をふまえ、長期にわたり一貫してお口の健康維持をサポートします。

他院でインプラント治療を受けられた方のメンテナンスにも対応が可能です。インプラントのことはもちろん、歯周病や咬み合わせ、予防のことなど、どんなことでも担当の衛生士にご相談ください。